昔から長財布のファンだった私が伝えるこだわりの財布

私は長財布が好きです。お札も曲がらなく収納できるし、カードも見やすくすぐとりだせますし、小銭もとりだしやすいと思います。
三つ折や二つ折だと小銭をだすときに角度を変えなければならないのが面倒です。
一回開かなければならない作業が早くお会計を済ませたい私としてはやっぱり長財布が一番便利なのでもうずっと長財布です。
長財布のほうがデザインも良いものが多く、もっているだけで高級感があるので好きです。
長財布の表の素材もテカテカつるつるしているほうがより高級感があって素敵です。
色は明るい色よりは暗い落ち着いた色を選ぶようにしています。

黒や茶色やベージュといった色合いが多く最近はグレーも気になっています。
お金がたまるのかはよくわかりませんが無駄遣いはしなくなったかなっと思います。
最近は常に持ち歩くものなので日とによってこだわりは違うかもしれませんが自分らしい財布にこれからもこだわって使っていきたいと思います。

ちょうど今、財布が古くなったので購入しようとしているところです。
今まで使用していた財布は痛みがあまりつかない為長く使い続けましたが、まだまだ使い続けることは十分できます。
でも気分転換の為買い替えようと思っています。毎日使う財布です。

そして次も長く使おうと思っている為、慎重に選ぼうと思っています。
やみくもにお店めぐりをしてもいいものにすぐに出会えるとは思いません。
インターネットを使ってどんなものが良いか探しているところです。
今回の私の財布選びのポイントは、品のある財布、飽きが来ないもの、汚れや傷みがあまりつかなくて目立たないもの、高品質、ブランド物であればみんながたくさん持っているものは避ける。

値段まではまだあまり検索が進んでませんが、あまり安すぎるものはやめておこうと思っています。
今、どんなものが良いか探している最中もとても楽しいです。
この期間までも楽しんで自分に合ったお気に入りの財布が購入出来ればいいなと思っています。

持ち物にこだわりたい男性が多いからこそ、本当に良い財布を選ぶべきですし、贈物にもワンランク上の良い財布を選びたい気持ちは良く分かります。
財布の選び方にも色々なポイントがありますが、結局は使う人が一番気持ちよくなれるものを探すことが大切だと考えます。
参考サイト:長財布人気ランキング

昔から何だかんだ長財布が好きだったんだと思います。
今は社会人になり、いい大人になったのでTPOに対応出来るようなアイテムを購入しています。
自分も含めて思いますが、意外と財布やアイテムは見られていることが多いです。
この前も同僚と会社帰りに食事に行き、会計時に同僚の財布や持ってる小物を何気なしに見ていました。
営業職の方が名刺入れにこだわりを持つように、私たちも財布にこだわりを持つのもいいかと思います。
私もオシャレな同僚に負けじとこだわりを持って行きたいですね。

2つ折り財布と、長財布

2つ折り財布を使っていて、長財布を使ったことがないですが、長財布もわりあい人気のある商品です。お札をたたまずに伸ばしたまま収納できるところが、すっきりするかもしれません。かばんの中に入れて使う分には、長財布はおすすめすることができます。

しかし、ズボンのポケットに入れて使うと、半分ぐらい外に出ている状態になります。その場合はチェーンでもして落とさないように工夫したほうがよさそうです。

長財布を持ちはこぶときにはやや不便なことがありますが、金持ちは長財布を持っていることが多いといいますし、お金に自信があれば長財布を持ってみるのはどうでしょう。お金がなくて長財布というのは、不便なだけかもしれません。なにしろ、2つ折り財布なら、ズボンに入れて持ち運ぶことができるからです。かばんに入れて持ち運ぶよりも、安全です。

2つ折り財布か、長財布かは好みによります。ライフスタイルに合わせて使いやすいほうを使うのがおすすめです。

どうしても……。私が長財布を使えない理由

 いつも行くスーパーのレジを待つ間の時間、横でちょろつく長男を気にしながら観察しているのが、お客さんのカゴの中身と財布。同族を見つけると「ハッ!!!まだ使ってる人いたっ!嬉しい!」と、怪しまれないなら駆け寄って手をとり軽く握手したい衝動に駆られてしまう。そんな財布が二つ折り財布だ。

 スーパーで支払いの光景を眺めていると、前に雑誌で読んだ通り、クレジットカードの普及が長財布を使う人の増加に繋がっているというのは本当だ。実際、友人・身内にも愛用者は多い。「長財布を使う人はお金が貯まる」というジンクス、本当のところはどうなのか試してみたい気もするが、私には今使っている茶色い牛革の二つ折り財布に、並々ならぬ深い愛着があるからなかなか決心がつかない。

 数年前、大学時代のサークル仲間で久しぶりの飲み会があり、さあ後はお会計だ、という段階になりバックから財布を出すと、まるで神経衰弱でもやっているかのような光景が目の前に。なんと、仲間内でいっっちばん気の合うAちゃんが、デザインもメーカーも私のと全く同じ財布を持っていたのだ。卒業して10年近く経っていて、打ち合わせして買ったわけじゃないのに、財布が同じというのは何たる偶然。並々ならぬ愛着の理由はそんな偶然にある。今も、財布を買い替えようかなと思い立った時はAちゃんに電話して「ねぇ、あのお財布まだ使ってる?」なんて確認してからにしようと思ってる。お金が貯まるのもいいけど、唯一無二の友達が時を越えて同じ趣味思考でいてくれたことがなにより嬉しい。これが私が長財布を使えない一番の理由。

長財布は使いづらい

長財布は使いづらくて嫌い。ズボンのどこのポケットに入れても飛び出している状態だから落としたり、スリに盗まれたりという危険が頭に浮かんでしまう。だから二つ折りの財布しか使ったことがない。二つ折りもカードを入れすぎて分厚くなるとそれはそれで使いづらくて困るが…。

女性はバッグに入れて持ち歩いてるイメージがあるが、それだってバッグごと盗まれる可能性もあるし、やはり自分の身体に密着した状態で「ここにある」ことを実感できるようにポケットに入る二つ折りが好きだ。ところで、以前に電車で向かいの席に座った男性が長財布を持っていた。

その男性は、座る前にお尻のポケットから財布を出して手に持ってから座っていた。

その光景を見てなんだかおかしくて笑いそうになってしまった。そのような苦労?をしてまで長財布を持つ意味はあるのか?と考えてしまう。もしかしたら、お洒落感覚なのかもしれないが、ファッションや持ち物に全くこだわらない自分からすれば、そんな苦労をしてまでお洒落しなくていいのではないかと思う。

持つなら断然長財布

昔は、財布と言えばコンパクトなものばかり選んでいました。ある時、プレゼントで財布を貰う機会がありその時に初めて長財布を貰いました。すると、場所は取ってしまいますがとても使い勝手が良かったのです。

あと、嬉しいポイントとして長財布だとお札が折らないで入れられるという事です。お札は、なるべく綺麗なまま持っていたいのと、あとは向きをそろえるというのが私のこだわりなのです。折り畳み財布の場合どんなにきれいなお札でも真ん中片が丸く折れてしまいます。

これが、ちょっと嫌だったのです。それから、長財布だと財布のタイプにもよりますがガード類が沢山入ります。以前の同じブランドの折り畳みタイプと比べても倍以上入りました。

実は、私の持っている長財布が段々古くなってきました。風水で色は、ゴールドかベージュが良いと聞いたので薄いベージュのような色にしました。すると、やはり手垢などで汚れが目立ちます。

そろそろ限界かなと思いながらもお気に入りの一品なので中々変えられずにいます。しかし、次回新しいお財布を買うとしても確実に長財布にすると思います。

付録の長財布

私が現在使用している長財布のひとつに、少女漫画雑誌「ちゃお」の2016年3月号の付録の長財布があります。

雑誌自体は600円でお釣りがくるほどの価格でした。それでも付録の長財布は普段づかいに支障がないくらいの丈夫さで作られていて感心しました。お店で販売されていてもおかしくないクオリティです。白のエナメル素材に星柄のプリントがされていてとても可愛いです。キャラクターの絵などはないので大人でも使えると思います。
ただ、ちょっと小銭を入れるスペースは狭かったので、メインの財布としてではなくて、この長財布を通帳ケースとして使用することにしました。

この長財布にはカードを入れるスペースも付いていたので、ちょうどキャッシュカードを収納することもできて便利です。お札を入れたり、ATMから出てくるレシートを持ち帰るのに便利です。

郵便局のATMで小銭を使った振込をすることが多いので、小銭を入れるスペースには郵便局で使う分の小銭を入れて持ち歩いています。