風水の観点から見た長財布の効果

長財布は、特に中高年の男性に人気があります。
二つ折りの財布がコンパクトであり、若者に多く使われることとは対照的です。
この理由としては、年齢に応じた服装の変化があります。
若者はスリムなパンツを穿くことが多いため、大きな長財布をポケットに入れることはできません。

また、小銭を多く持ち歩きますから、紙幣を収納するための長財布は不向きです。
ところが、年齢とともに金銭的な余裕ができ、ゆったりとしたスラックスを穿くようになるために、長財布の使用率が高くなるのです。
長財布の使用は、占星術の一種である風水の観点からも望ましいものです。
風水には、財布をお金の家であるという考え方があり、窮屈な家に住むお金は逃げて行ってしまうとされています。二つ折りの財布は中に入った紙幣を折りたたむため、金運向上には向きません。

長財布を持ったからといって、ただちに金運が良くなるわけではありません。
ただ、紙幣を揃えやすくなり、中身を確認しやすいため所持金に注意するようになるという心理的効果もありますから、風水から見た長財布の効果には根拠があると言えます。