風水の観点から見た長財布の効果

長財布は、特に中高年の男性に人気があります。
二つ折りの財布がコンパクトであり、若者に多く使われることとは対照的です。
この理由としては、年齢に応じた服装の変化があります。
若者はスリムなパンツを穿くことが多いため、大きな長財布をポケットに入れることはできません。

また、小銭を多く持ち歩きますから、紙幣を収納するための長財布は不向きです。
ところが、年齢とともに金銭的な余裕ができ、ゆったりとしたスラックスを穿くようになるために、長財布の使用率が高くなるのです。
長財布の使用は、占星術の一種である風水の観点からも望ましいものです。
風水には、財布をお金の家であるという考え方があり、窮屈な家に住むお金は逃げて行ってしまうとされています。二つ折りの財布は中に入った紙幣を折りたたむため、金運向上には向きません。

長財布を持ったからといって、ただちに金運が良くなるわけではありません。
ただ、紙幣を揃えやすくなり、中身を確認しやすいため所持金に注意するようになるという心理的効果もありますから、風水から見た長財布の効果には根拠があると言えます。

財布の選び方について

財布は、数年前に買ってからずっと買っていませんでした。
本当は、何年かにいっぺんは買え買えなくてはいけないのですが、基本的に財布ばかりではなく、みんな壊れるまで使うというのが私のモットなので、たぶん壊れるまで今使っている財布を使うと思います。

やはり最初は高くても長く使えるものを買っていきたいと思います。
それなので多少高くても良い物を選びたいと思います。
やはり、お財布を選び方はデザインと機能性で選んでしまいます。

それでも、時々は風水も取り入れておりますが、特に札入れは風水を取り入れております。
それでも、やはりデザインやカードがいっぱい入るものを選んでしまったりします。
風水では、ゴールドや黄色等色々財布にとって目的によって良い色のこうのう書きがあります。
その目的によっては、ゴールドや黄色等じゃなくても良いのです。
私は、小銭入れと札入れは別にしております。

お金持ちになりたいなら長財布

自分が初めて長財布を持ったのは、中学生の頃。
なんでもないノーブランドの長財布で、ジャラジャラとしたウォレットチェーンが付けられるのが格好良くて、大して中身もないくせに持っていました。

それからは、高校生の頃に、ポーターのタンカーシリーズが流行り、一時二つ折りの財布を使用していましたが、より背伸びをしたお洒落に気を使っていた大学生時代に、ホワイトハウスコックスの長財布を購入し、ブライドルレザーのエイジングにどっぷりとハマり、それからは同様のものをずっと使い続けています。

長財布の魅力は、何と言ってもお札がピン!としたまま収納できること。
お札が綺麗な状態だと、不思議とお金を使うことを躊躇し、無駄な出費が抑えられます。

あとは、カード類がたくさん入ること。ポイントカードも多く持ち歩けるので、お得に買い物ができます。
また、物理的にパンツのバックポケットに入れにくい形状なので、カバンを持ち歩くようになり、手ぶらでフラフラするようなこともなくなります。

自分の財布の使い方と、主に仕舞うカバンで選ぶのが良いかも

今使っている財布は長財布です。
理由は、長財布の方が個人的に使いやすい事です。
主に使用するかばんは通勤時は大きなかばんなので問題ありませんが、プライベート時は長財布だとかばんを持たなければいけません。
しかし長財布の方が札入れの部分が大きくしまいやすいです。
万札と千円札を分けるのでは無く、予約カードやレシートとお札に分けるために使用してもいいでです。
分けておけば、勢いで予約レシートを捨てることもありません。
……私は、ここに宝くじなども入れたりしますが。

ポイントカード類が多いので収納力もあって重宝しています。
しかしここは、あっという間にいっぱいになってしますので、頻度が少ないモノを選別してしまうのも良いでしょう。時々、ポイントカードを確認するのもお勧めです。

財布と言えば、小銭は、札に比べて増減の変化が激しいですね。
小銭貯金をやっている人なら、小銭用とお札用を分けるのが良さそうです。
端数を見て、お財布に貯まった小銭を使って減らしたいって思う人は、多いと思います。
それを避けるのに、財布を割るのが良いと思いますよ。